例年冬に流行することでお馴染みのインフルエンザ。発熱・倦怠感・節々の痛みなど強い症状で患者さんを困らせます。また強い感染力で広まりやすく、社会活動にも無視できない影響を与えます。知っているようで実は知らない。そんな本症についてわかりやすく解説します。

最初にまとめ

  • インフルエンザによる「強いカゼ」です
  • 発症直後の診断が難しい場合もあります
  • 抗インフルエンザ薬が治療の選択肢になります
  • ワクチンには一定の予防効果があります

原因

インフルエンザウイルス感染症です

インフルエンザウイルスにはA、B、C型があり、流行するのはA、B型です。

A、B型はさらに細かく分類されて1シーズン中にこれらのうちの1つ、ないし複数が流行します。このウイルスには短期間で少しずつ変異するという特徴があることから免疫の監視から逃れやすく、毎年流行します。

飛沫感染が主体で、1〜3日間の潜伏期間を経て発症し、発症後3〜7日間ウイルスを排出すると考えられています。

ポイント

  • インフルエンザウイルスの感染症です
  • 1人の患者さんは2〜3人を感染させると考えられています
  • 短い期間で遺伝子変異を起こしやすく、免疫の監視から逃れやすい特性があります
  • その結果、毎年流行します
少し詳しく

少しずつの遺伝子変異を連続抗原変異といい、それに対する大きなものを不連続抗原変異といいます。

不連続抗原変異を起こしたものは個人はもとより人類の免疫システムにとって未知のウイルスのようなもので、大流行を起こして甚大な被害をもたらします。

  • 1918年 スペイン風邪 ➝ 4,000〜5,000万人死亡
  • 1957年 アジア風邪 ➝ 200万人死亡
  • 1968年 香港風邪 ➝ 100万人死亡
  • 2009年 新型インフルエンザ ➝ 1.5万人死亡

2009年のいわゆる新型インフルエンザは記憶に新しいところです。

症状

カゼといえばカゼですが、症状が強くつらい思いをさせられがちです

基本的にはカゼと同じですが、発熱・頭痛・関節痛・倦怠感といった症状が一般的なカゼより強く出がちです。

また一般的なカゼがのどの痛みや鼻水などで始まり徐々に症状が増えていくのに対して、典型的なインフルエンザは最初から「ドーン!」と種々の症状が出揃う傾向があります。

一方「かくれインフルエンザ」と表現されるように、一般的なカゼと同程度の症状しか示さない事もまれではありません。

合併症として高齢者や基礎疾患をお持ちの方を中心とした肺炎や、乳幼児を中心とした脳症が知られています。

ポイント

  • 突然の高熱(38.0℃以上)、頭痛、筋肉痛・関節痛で発症します
  • 鼻汁、咳嗽などの上気道炎症状が続きます
  • 1週間程度で軽快します

診断

発症直後の診断は慎重に

症状、身体所見、流行状況、インフルエンザ抗原迅速検査などから総合的に診断します。

迅速検査は「陽性」と判定された方はほぼインフルエンザですが、「陰性」と判定された場合に実はインフルエンザということが少なからずあります。特に発症後半日〜24時間未満の「陰性」という検査結果の解釈には注意が必要です。

ポイント

  • 典型的なら検査せずに診断することもあります
  • 発症後半日〜24時間未満の検査結果の解釈は丁寧に行う必要があります
少しくわしく

インフルエンザ抗原迅速検査は「陽性」か「陰性」と判定されます。ではこの判定はどの程度確かなのでしょうか?

18歳以下ですが、発熱+気道症状がある患者さんを対象としたデータです。

参照:Dr.KID「 インフルエンザの迅速検査は発熱後24-48時間に!

発熱後経過時間〜12時間 〜24時間〜48時間48時間〜
感度35%66%92%59%
特異度100%97%96%100%

このデータの場合、感度とはインフルエンザの人のうち迅速検査で陽性と判定された人の割合で、特異度とはインフルエンザではない人のうち迅速検査で陰性と判定された人の割合です。

例えば「〜12時間」でみると感度は35%ですから、インフルエンザ100人中35人しか陽性と判定されていません。「〜24時間」でも66%で100人中66人です。一方特異度は経過時間を問わず一貫して100%近くです。
逆読みすると、陰性と出たうちの65人は実際はインフルエンザで、陽性と出たうちの2人は実際にはインフルエンザではなかったということになります。

したがって「陽性」「陰性」という検査結果について

  • 陰性 ➝ 経過時間が短いと検査結果の信頼性は低い
  • 陽性 ➝ 経過時間を問わず検査結果の信頼性は高い

ということになります。

職場や学校で発熱が出現して、帰りがけに受診された患者さんに「検査陰性でしたよ、インフルエンザじゃないですね〜!」と言っていいものなのかどうかは慎重に検討する必要があるということですね。

治療

治療の選択肢に抗ウイルス療法があります

治療は対症療法と抗ウイルス療法からなります。対症療法は症状を緩和するためのもので、抗ウイルス療法はインフルエンザウイルスをやっつけるためのものです。

抗ウイルス療法としてタミフルが有名ですが、服用の最大のメリットは発熱期間の短縮です。したがって症状が軽微な場合は服用の有無による差がつきにくいかもしれません。また、ウイルスの増殖を抑制するものなので、感染初期、具体的には発症後48時間までに服用を開始するべきとされています。

ポイント

  • 抗ウイルス療法は発症後48時間以内に始めます
少しくわしく

かつてタミフル服用後の異常行動が報告され、10代に対するタミフル等の処方差し控えの通達が厚労省から出されました。
その後の調査・研究で抗インフルエンザ薬と異常行動の関連を支持する結果は得られず、2018年に処方差し控えの通達は撤回されました。

異常行動について最も大事な点は

  • タミフル等を服用していなくても、インフルエンザで命に関わる異常行動をきたすことがある

という事実につきます。

リスクは

  • 10代
  • 発症後48時間以内

です。

ご家族が該当する場合は十二分にご留意下さい。

予防

ワクチンには一定の予防効果があります

インフルエンザにかかるとインフルエンザウイルスに対する抗体が産生されはじめ、産生された抗体がウイルスを抑えにかかります。インフルエンザワクチンはインフルエンザウイルスの「部品」を接種することであらかじめ抗体産生しておき、いざ本当に感染した時により早期に抑えることを図るものです。

ワクチン接種すると被接種者のリスクが低減するのはもちろん、周りの非接種者のリスクも低減します。 自分のためにはもちろん、周りの人のためにもなります。

ただし被接種者がインフルエンザにかからなくなるのがベストですが、抗体産生能力に年齢差や個体差があるなど様々な要因から得られる効果は一定ではありません。しかし様々なデータが発症リスク、重症化リスク、死亡リスクを低減することを示しています。

ポイント

  • ワクチン接種は、あらかじめ抗体を作っておいて実際のインフルエンザウイルス侵入に備えるものです