最初にまとめ

  • 夏風邪の一つで保育施設単位などで流行します
  • 名前の通り手・足・口に皮疹・粘膜疹を認めます
  • 風邪症状や胃腸炎症状を伴うこともあります
  • 抗ウイルス療法はなく、対症療法を行います

感染

夏に保育施設単位などで散発的に流行します

ウイルス感染症でコクサッキーウイルス・エンテロウイルスなどが飛沫感染、皮疹からの接触感染、あるいは 糞口感染 などで広がります。
糞口感染のリスクは比較的長く、ウイルスの便中への排泄は症状消失後2〜4週間続きます。

年少児に見られやすく、保育施設単位といった具合に流行することがあります。

流行しやすいのは夏ですがその他の季節でも認めます。
インフルエンザウイルスと同様にコクサッキーウイルスやエンテロウイルスにはバリエーションがあるため、再度罹患することがあります。

感染経路
  • 咳などによる飛沫感染
  • 皮疹(水疱)からの接触感染
  • 糞便からの糞口感染
かかりやすいのは
  • 未就学児に多く半数は2歳以下
  • 学童の流行もまれではない
  • 男児>女児
🧐 もう少し詳しく
  • ウイルスのバリエーションとして、コクサッキーウイルス(CA6、CA10、CA16…)、エンテロウイルス(EV17…)などがあります
  • 特にEV17による本症は中枢神経系合併症といった重篤化のリスクが高く、警戒されています
  • ウイルスは症状消失後も2〜4週間便中に排泄すると言われています
  • お子さんの病気として扱われることが多いですが、成人がなることもしばしばあります(私も40歳を超えてからなったことがあります😢)

症状

ざっくり言うと、皮膚・粘膜症状を伴う風邪や急性胃腸炎です

3〜5日の潜伏期間の後、手・足・おしりなどの皮疹と口内炎が出現します。
そして約1/3で38℃前後までの発熱を認め、風邪症状や胃腸炎症状を伴うこともあります。

皮疹は最初は赤い点で、その後水疱を認めるようになります。かゆみはなく、大きい水疱だと痛みを感じることがあります。
約3〜7日間で皮疹は消えていきます。

皮膚・粘膜症状
  • 手・足に赤いポツポツや小水疱と、口内炎を認めます
  • 3〜7日間で皮疹は消えていきます
その他の症状
  • 38℃程度までの発熱を1/3くらいのケースで認めます
  • 風邪症状や胃腸炎症状を伴うこともあります

合併症

基本は問題なく経過する感染症ですが、まれに無菌性髄膜炎や心筋炎といった重篤な合併症を来すことがあります。

🧐 もう少し詳しく
  • 足の裏の皮疹は土踏まずには少ない傾向があります
  • 皮疹は手足以外の腕や脚に及ぶことも少なくありません
  • 個々の皮疹は最初は小さな赤い点で始まり、次第に大きさも隆起も増して水疱を形成します
  • 水疱中にはウイルスを認め、内容液を介して感染することがあります
  • 手のひらや足の裏の皮疹は皮膚のシワに沿って長軸の楕円形を呈する傾向があります

診断

流行状況や身体所見から診断がつくケースがほとんどです

日常臨床で検査を要することはほとんどなく、流行状況や粘膜疹・皮疹などの身体所見から診断されます。

🧐 もう少し詳しく

予想を超えて悪化したり、重篤な合併症が疑われる場合は検査が必要になることがあります。

  • ペア血清 → 2回血液検査を行ってその間に抗体がどれくらい増えたかをみます
  • ウイルスの分離・検出 → 咽頭ぬぐい液、水泡内容液、糞便、直腸ぬぐい液

治療

多くのウイルス感染症と同じく、有効な抗ウイルス療法はありません。
でも心配はご無用です。自分の免疫がウイルスを倒してくれます。

症状のコントロールは必要に応じて行います。

ポイント
  • タミフルのような有効な抗ウイルス療法はありません
  • 症状に応じた対症療法を行います

登園・登校について

メリットが乏しく登園・登校停止は規定されていません

本法による登園・登校の規定はなく、解熱していて全身状態良好なら登園・登校は可能です。