骨髄移植後等の予防接種

治療で免疫能が低下された方は予防接種の再接種を受けられることがあります

概要

治療で免疫機能が大きく損なわれることがあります

血液疾患などで行われる骨髄移植は、患者さんのもともとの血液細胞を一掃し、ドナーの血液細胞で置換する治療です。血液は免疫システムにおいて非常に大きな役割を担っているので血液細胞の一掃にともない自然感染や予防接種などで獲得した免疫能も一掃されます。

また、その他抗がん剤や放射線の治療でも同様の免疫能の低下を招く事があります。

この失われた免疫能のうちワクチン接種により獲得していたものを再度補うためにワクチンの再接種が必要になります。


各自治体は一定の要件を満たす方について再接種費用の助成を行っています。

対象者
  • 骨髄移植・抗がん剤治療等で免疫能の低下・消失を来たし医師が再接種を必要と認められた方
  • 所定の所得要件を満たす方
対象ワクチン
  • BCGを除く現行の定期接種対象の予防接種
  • ただし再接種は過去に接種されたものに限られます
接種医療機関
  • 西宮市や神戸市在住の方でも当クリニックで接種可能です
  • その他の自治体にお住まいの場合は、自治体にご確認下さい

手続き

再接種する予防接種を確認

接種スケジュールのご相談

予約

接種

接種時期など通常の予防接種とは異なる点があり、原疾患の主治医の意見も踏まえての接種となりますので、直接予約ではなくご相談の上で予約とさせて頂きます。