日本脳炎ワクチン供給不足への対応

日本脳炎ワクチンの供給が低下し、2021年は供給<需要となることが判明し、厚生労働省から医療機関に対して臨時対応するよう通達が出されました。 本ページではあしやサニークリニック内科が行っている臨時対応について説明しています。

供給不足について

2020年に日本脳炎ワクチンの生産ラインの一部が停止したため、2021年は「需要>供給」となることが判明しました。年間で見ると2021年は2020年の概ね-20%の供給となる見込みです。したがって通常通りに接種を行った場合接種を受けられなくなる方がおられます。

この事態を受けて厚生労働省は下記のような通達を出しました。

  • 必要量に見合う日脳ワクチンを購入いただくこと。
  • 供給が安定するまでの間、4回接種のうち、1期の2回接種(1回目及び2回目)の接種を優先すること。
    (ただし、定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている場合には、定期接種で受けられる年齢を過ぎないように、2021年度内に接種を行うこと)。

厚労省「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの定期の予防接種に係る対応について」2021/1/15

趣旨は以下の通りです。

  • 買い占めないこと
  • 供給が安定するまで1期初回を優先すること
  • 1期追加、2期については定期接種の期限を過ぎないようにすること

あしやサニークリニック内科はこの通達を遵守し対応します。

接種期間について

日本脳炎の接種スケジュールを簡単に解説します

日本脳炎ワクチンの接種スケジュールは1期と2期に分けられ、1期はさらに1期初回と1期追加に分けられます。

定期接種としての接種期間は1期が6ヶ月〜7歳6ヶ月未満、2期が9歳〜13歳未満です。
接種期間のうちで免疫学的な理由などで望ましいとされる接種時期を標準的接種年齢といい、1期初回は3歳時、1期追加は4歳時、2期は9歳時が該当します。

今回の不足に伴い、接種期限間近に対する配慮が求められており、ここでは便宜上1期・2期各々の 接種期限前6ヶ月間を「接種期限間近」としています。

対応

受付けについて

通常接種

  • 1期初回 ➔ 通常通り受付け
  • 1期追加 ➔ 通常通り受付け
  • 2期 ➔ 接種期限間近のみ受付け

特例措置

  • 1期初回 ➔ 通常通り受付け
  • 1期追加 ➔ 接種期限間近のみ受付け
  • 2期 ➔ 接種期限間近のみ受付け

厚労省の通達には定期接種期限間近ではない1期追加や2期への対処は明記されていません。クリニックよっては1期追加、2期は受付しないところもあるかと思われますが、20%の減産で1期追加・2期共に受付しないのは接種機会を無用に奪いかねません。

適切な対処に必要な判断材料を 国立感染症研究所のデータが与えてくれます。

下のグラフは年齢と接種回数で層別化し、各々の抗体価の分布を示しています。なお、抗体価が10倍未満、すなわちグラフの青の部分は日本脳炎に対する防御が不十分です。

上のグラフは1期追加接種予定者だけではありませんが、1期接種期間を含む0〜9歳のグループで10倍未満がそれなりにあることがわかります。

こちらのグラフは2期接種予定者相当のグラフです。2期接種期間を含む5〜14歳のグループで10倍未満は少なく、特に 1〜2回接種者と比べるとかなり少ないことが分かります。

以上より1期追加は可及的に接種するべきと考えられ、1期追加は受付けます。

なお、特例措置については対象者の最小年齢が13歳で、2つのグラフいずれでも抗体価が10倍未満は認めないため1期追加・2期とも接種期限間近のみ受付けます。

優先順位について

1期初回

  • ご予約後、納品をお待ち頂きます
  • ご自身分のワクチンが納品され次第接種日を確定します

1期追加

  • ご予約後、納品をお待ち頂きます
  • ご自身分のワクチンが納品されるより前に新たな1期初回・期限間近の予約が入った場合、順次繰り下がります
  • ご自身分のワクチンが納品され次第接種日を確定します
    ※一旦納品されたら繰り下げはされません

2期

  • ご予約後、納品をお待ち頂きます
  • ご自身分のワクチンが納品されるより前に新たな1期初回の予約が入った場合、順次繰り下がります
  • ご自身分のワクチンが納品され次第接種日を確定します
    ※一旦納品されたら繰り下げはされません