口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは唇や口の周りにうずきや痛みを伴うポツポツとした皮疹ができる疾患です。日常的に見かけ、単に「ヘルペス」と言われた方がわかりやすいかも知れません。本症について感染ルート、症状、治療などをわかりやすく解説します。

最初にまとめ

  • 基本はくちびるの「ヘルペス」で外用療法で治るケースも多いです
  • 単純ヘルペスウイルスによる感染症で、成人の半数近くが感染状態です
  • 何かしらのきっかけでウイルスが再活性化してポツポツなどが出ます
  • 治療は塗り薬、飲み薬、点滴などを病状によって使い分けます

ウイルス感染症です

唇のポツポツは元をたどれば単純ヘルペスウイルスというウイルスの感染が原因です

単純ヘルペスウイルス自体はそこら中の人が感染していると言っていいウイルスです。日本皮膚科学会によればかつては思春期までにほとんどがの人が感染していたと言われていますが現在の抗体保有率は2人に1人程度のようです。

単純ヘルペスウイルスには主に上半身に悪さをする1型(HSV-1)と下半身に悪さをする2型(HSV-2)の2種類があり、口唇ヘルペスの原因になるのはHSV-1です。

ポイント
  • 幼児期に家族から唾液を介して感染します
  • 感染すると神経節という神経組織に潜伏します
  • 潜伏したウイルスはきっかけがあると再活性化して症状をもたらすようになります

症状

唇のポツポツが典型的ですが、小さいお子様やアトピー性皮膚炎の方で強い症状が出ることがあります

初感染時は無症状で、再活性化時に口唇に複数の小水疱を認めるのが典型的な口唇ヘルペスです。

非典型的なものとして、初発時に症状をきたすもの( 初発型)、再発時に広い範囲に水疱が出現するものなどがあります( 再発型)。まずは再発型から見ていきましょう。

再発型
  • 口唇ヘルペス
  • カポジ水痘様発疹症
口唇ヘルペス

これがいわゆるヘルペスです。

くちびるや口腔側の粘膜、あるいはくちびるの周囲の皮膚に小水疱を複数生じます。違和感や痛みが先行した後に皮疹が出現することがあります。

水疱はしばしば破れ、口腔粘膜では口内炎のようになることがあります。

カポジ水痘様発疹症

皮疹がくちびるまわりにとどまらず、皮膚を伝うようにして広がっていきます。

もともと皮膚にはウイルスや細菌などの病原体から身を守る強力なバリア機能がありますが、その機能が低下するアトピー性皮膚炎などがあると破れた水疱からもとからあった湿疹部に感染が広がり、またそこで破れて近くの湿疹部に広がってというようにして順次拡大していきます。

再発型だけでなく初発型でも認め、特に初発型のものは症状が強い傾向があります

初発型
  • ヘルペス性歯肉口内炎
  • ヘルペス性ひょう疽
  • カポジ水痘様発疹症
ヘルペス性歯肉口内炎

口の中に複数の小水疱が出現した後、それらが破れて口内炎となります。

また歯茎の赤味・腫れを伴うこともあります

ヘルペス性ひょう疽

指の第一関節から先の強い痛みで始まり、2〜3日後に小水疱が出現します。皮疹は指の表・裏いずれに出ることもあります。

治療

いくつかの選択肢があり、病状によって適切なものを選びます

外用療法

抗ウイルス剤の塗り薬で多くの口唇ヘルペスが適応になります

内服療法

抗ウイルス剤の飲み薬で症状の強い方や再発を繰り替えす方が適応です

点滴療法

全身性の強い症状や、免疫抑制状態の方などが適応です