百日咳

最初にまとめ

  • 百日咳菌感染による特徴的な咳発作を伴う急性呼吸器感染症です
  • しつこい発作性の咳が続き、咳き込んだ後息を吸う時に「ヒュー」というような特徴的な呼吸音を伴います
  • 年少児を中心に重症化リスクが高く、ワクチン施行前の死亡率は10%にものぼっていました

感染

ポイント

  • 小学生くらいの年代が多いのですが、年少児・成人にも認められます
  • 感染力は麻しんに匹敵し(基本再生算数 16〜21)、乳幼児は兄弟や親からの感染が多いと推定されます
  • 感染経路は痰などの気道分泌物による飛沫感染・接触感染です
  • 潜伏期間は7〜10日間です

症状

名前の通り咳が長引くのが特徴的で、カタル期(2週間)→ 痙咳期(2〜3週間)→ 回復期(2〜3週間)という具合に推移します。

なお、発熱はあっても軽度にとどまります。

カタル期

  • 感冒症状、すなわちいわゆる風邪症状が主体です
  • 経過とともに咳が増えていきます

痙咳期

  • 発作性のしつこい咳と、咳に続く笛のような吸気音(whooping/whooping cough)
  • 咳に伴う嘔吐
  • 時に無呼吸発作

回復期

  • 頻度がは減りつつ時折発作性の咳を認めます
whoopingについてもう少し
  • whooping coughはワクチン未接種児で特徴的とされます
  • ワクチン接種児は一般的な咳が多いようです

合併症

  • 肺炎
  • 脳症
  • 痙攣・突然死

診断

検査

培養検査や血清学的診断は感度やタイムラグの点から臨床的有用性にやや難があります。

  • 遺伝子検査:LAMP法(後鼻腔ぬぐい液)
  • 血清学的診断:抗PT-IgG、抗百日咳菌IgA,IgM
  • 菌培養:百日咳菌同定

診断基準①…1歳未満

臨床診断例

咳があり(期間は限定なし)、かつ以下の特徴的な咳、 あるいは症状を1つ以上呈した症例

  • 吸気性笛声
  • 発作性の連続性の咳欧
  • 咳嗽後の嘔吐
  • 無呼吸発作(チアノーゼの有無は問わない)

確定例

  • 臨床診断例の定義を満たし、かつ検査診断陽性
  • 臨床診断例の定義を満たし、かつ検査確定例と接触があった例

診断基準②…1歳以上(成人を含む)

臨床診断例

1週間以上の咳を有し、かつ以下の特徴的な咳、 あるいは症状を1つ以上呈した症例

  • 吸気性笛声
  • 発作性の連続性の咳欧
  • 咳嗽後の嘔吐
  • 無呼吸発作(チアノーゼの有無は問わない)

確定例

  • 臨床診断例の定義を満たし、かつ検査診断陽性
  • 臨床診断例の定義を満たし、かつ検査確定例と接触があった例

治療

カタル期に開始することで痙咳期の短縮に寄与できるとされています。

抗菌療法

  • クラリスロマイシン(7日間)、アジスロマイシン(3日間)、エリスロマイシン(14日間)
  • アジスロマイシン以外は生後6ヶ月以降が対象です

予防

ワクチンに有用性があり、現在乳幼児期に定期接種が実施されています。

ワクチン

  • 4種混合(DPT-IPV)や3種混合(DPT)に百日咳ワクチンが含まれます
  • 日本小児科学会は「5歳以上7歳未満」と「11〜12歳」で3種混合による追加接種を推奨しています
もう少し詳しく

ワクチン接種が始まってから百日咳の死亡率が低下するという非常に重要な目的が達成される一方、依然感染報告は続いています。

ワクチン接種による免疫効果が経年的に低下することが背景になっている可能性があり、WHOでは乳幼児期の4回接種に加えて就学前の追加接種を勧奨しています。これにならい日本小児科学会でも追加接種を推奨しています。

登校・登園停止

下記のいずれかを満たせば登校・登園可能

  • 特有の咳の消失
  • 5日間の適正な抗菌薬療法の完了